水道水 サビ

蛇口から赤茶色のサビの水が出る衝撃の原因がコレ!

蛇口をひねると、なんだか赤茶色の水が出た!

 

 

蛇口をひねって、赤茶色のサビた水が出たら驚きます。

 

こんな水道水を飲んで、健康を害さないのか?
どんな対策ができるのか?

 

ぜったい知りたいですよね!


 

これから、あなたの心配が”すべて解消される対策法”を紹介していきます。

 

水道局から、各家庭や企業に水を送ってくれるのが水道水です。
生きていくのに絶対に必要な水。

 

蛇口をひねるだけで水が出る。
日常生活の中でこれほど欠かせないものはありません。

トイレもお風呂も、水道がなかったら成り立ちません。
もちろん料理にも絶対に必要。

 

 

何かと話題になるのも、水道水です。
水道水はまずいとか、イヤここのはおいしいとか・・・ね。

でも、その大切な水道水から、赤茶色の水が出てきたらどうでしょう?

 

赤茶色のサビの水が出る原因は水道管の酸化

チョッと衝撃の光景!

出典:フジケン 事業内容ページ


これは、撤去された古い水道管です。
管の内部が、赤さびでボコボコ!

 

あなたは、どんな感想を持たれましたか?

 

コレを見て、イイ感じを持つ人はいませんよね。

この中を水道水は流れてくるんですよ。
これは大きな水道管です。
でも、家庭に入ってくる給水管も同じようにサビています!

 

これだけサビてたら、水道水にサビが混ざってもおかしくないでしょう。
赤茶色の水が出ても、当然なんです。

 

「このサビた水道管を見ただけで、水道水を飲みたくなくなります。」

 

実際は、サビは少しずつ流れていきます。

あまりにも小さい粒なので、気づきにくいんです!

 

ただ、目で見てサビだと分かるのは、チョット普通ではありません。

ではどんな時に、普通ではない状態でサビた水は、出てきやすくなるんでしょう?
 

こんな時に水道水からサビが出てきやすい!

サビの赤茶色水が出やすいのは、こんな状況!


サビが出やすい状況は、断水のあとです。

 

一度断水で水が止まったあと、再開すると赤茶色のサビた水が出易いです。

これ、空洞の管を水圧のかかった水が一気に流れるからなんです。
管の内側の赤さびを、こそげ落としていくイメージですね。

 

こそげ落とされたサビが流れ出だせば、そりゃ赤茶色の水になります。

他には、長く使っていなかった水道管を使う場合です。

 

水道管の中の赤さびは、はがれやすいのです。
長く使わないと、少しずつ剥がれて一気に流れだすんです。

 

水道を使う時の、わずかな水圧の変化で、サビの水が流れます。

寝ている夜から、朝までは水道を使わない。

水を一番使わないのは、寝ている夜の間です。

 

ですから朝いちばんに、サビた水がよく出ます!
水圧の変化で、たまった錆の水が出ちゃうんですね。

 

対策としては、
「朝、最初に水を使うときは、10秒〜20秒程度流してから使う」となります。

朝一は、赤サビの水は流れやすい状況なんです。
なので、10秒〜20秒ほど水を流し捨てると良いようです。

 

毎朝いちいち流すのは大変ですけど。

 

もし赤い水が流れたり、サビの味がするようなら毎日やるしかないですね。

こんなに大変な、水道水の赤サビ。

 

どうしてこんなに、赤サビの水が出てしまうのでしょう?

そこには回避不可能なメカニズムがありました。

赤サビが出来る回避不可能なメカニズムがあった!

水道水の管の内部が、サビるのにはこんな理由がありました!

 

 

水道管の内部がサビるのは、

 

水道管が鉄で出来ているから
水道管内部がサビるのは、水道管が鉄で出来ているからです。

水道管の内部が、酸化して酸化鉄になります。

 

この酸化鉄こそが、赤さびです。
このサビが水道水の中に、流れ込んでしまうわけです。

 

水道水の中の塩素も、サビさせる要因の1つ!

水道水の塩素も、鉄さびを発生させる要因の1つなんです。

 

塩素は、強力な酸化剤です。
塩素により鉄が酸化しやすくなって、赤サビを発生させるんです。

水道水の塩素は、消毒のために欠かすことができません。

 

鉄に、酸化を引き起こす塩素。
赤サビを引き起こす要素は、揃っています。

 

赤サビができてしまうのは、そんな回避不可能なメカニズムがあったんです。

そんな赤さびですが、健康被害は出ないのでしょうか?
 

水道水のサビは健康被害につながるんでしょうか?

水道水の赤さびで、健康被害が出ることはあるのでしょうか?

 

内部がサビてボコボコになっていた水道管。
あれを見て、心配になるのは健康被害です。

これ、一番心配なことだと思います。
水道水のサビによる、健康被害はないんでしょうか?

 

とても気になりますよね?

サビが体内に入っても、吸収されずほとんど排出

もし、サビの水を飲んだとしてます。

 

安心してください!
赤サビを飲んでしまっても、そのほとんどは体に吸収されることなく排出されます。

ですから、サビによる健康被害はほぼ考えなくて大丈夫なんです。

サビの水って、とってもまずいです。

 

サビ臭くて、とても飲めた物ではありません。
大量に、サビを取り込む事はまず考えられないです。

 

もし仮に飲めたとしても、体外に排出されるので大丈夫です。
体に吸収されても、鉄分なので健康被害は考えなくてもOKでしょう。

つぎは、水道水のサビの根本的な解決法です。

水道水のサビの根本的な解決法!

水道水のサビの、根本的な解決法です!

 

水道水のサビの根本的な解決は、鉄を一切使わない水道管の使用です。

 

鉄を使わなければ、サビることもありません。
ステンレスや塩ビ製の、鉄を一切使わない水道管がじっさいに登場しています。

 

 

鉄を使わない水道管は、1998年ごろから主流になってきています!

 

ですがすべての水道管が、鉄を使用しない水道管になるまでには、時間がかかります。
水道管は、地中に埋まっていたり、建物の中や床に入り込んでいます。

 

このすべてを、すぐ交換するのは現実的に不可能です!

水道水のサビを、根本的になくすのは現実的に厳しいです。

 

現実には何十年もかけて、少しずつ鉄を使わない水道管に交換されていきます。

水道水は、水道局で51もの検査を乗り越えてきた安全な水です。

 

でも途中の水道管は、サビがひどく手が付けられない状況。

 

鉄サビが含まれない水道水を飲めるのは、確実にかなり先になるでしょう。

 

安心で安全な水道水を飲むための方法は?

安心で安全な水を飲むための方法は?

 


安心で安全な水を飲むためには、何が必要でしょうか?

 

もしも赤サビだけを防ぐのであれば、浄水器をつければ十分です。

 

ただ、実は水道水には赤サビ以外にも、怖い要素があるんです!

 

つぎは、サビ以外の怖い要素についてです。

サビ以外の、本当に怖い水道水の話

水道水の本当の怖さは、サビだけではありませんでした。

 

水道水は厳しい安全基準をクリアして、各家庭やオフィスに運ばれます。
無くてはならない水です。

 

ですが本当の怖さは、サビではないのです。

水道水の本当の怖さはこれだった!

サビ以外で本当に怖いのはコレ!
トリハロメタン
貯水タンクの汚染

 

トリハロメタンという言葉。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

トリハロメタンは、水を塩素で消毒するときに発生する物質です。

 

トリハロメタンは、発がん性物質で、免疫力を低下させるとも言われています。
(発がん性はそれほどないという、考えもあります。)

 

どちらにしても、リスクは0じゃないんです。

トリハロメタンは怖いですが、さらに怖いのが貯水タンクの汚染です。
さらにヤバいのが貯水タンクだった!

 

集合住宅やマンションの屋上に設置してある、貯水タンク。

 

もしも水道水が、マズかったり生臭く感じたら?
屋上の貯水タンクが、汚染されている可能性があります。

 

集合住宅で、屋上にこのような貯水槽のタンクはありませんか?

 

 

「この貯水槽のタンクは、管理が悪いと汚染されている可能性が高いです。」

 

この貯水槽の管理が悪いと、

  • 藻の発生
  • 虫の混入
  • ゴキブリの侵入
  • ネズミの死骸
  • カラスの死骸
  • 雨水の混入
  • 異物の混入

 

うぎゃっ!

 

ゴキブリや、ネズミの死骸が浸かった水なんて絶対飲みたくないです!

 

タンクのひび割れや、防虫ネットの破れ、フタの破損によって、上のような汚染があり得ます。

 

平成13年の水道法の改正以前は、清掃すらしていない貯水タンクもありました。
現在は、当時よりはもっと清潔になっています。と信じたい・・・。

 

でも、小規模な貯水タンクではまだ汚染されている可能性も捨てきれません。
貯水槽を置いた人任せですから。

 

もし、飲んでいる水に生臭いなどの違和感を感じたら・・・。

貯水タンクが、汚染されている可能性があります。

 

飲み水はなくてはならないものです。
あなたには、安心して飲み水を飲んでもらいたいです。

 

そこで、ぜったい安心できて手軽な方法を、これから紹介します。
 

あなたにおススメする、絶対安心な方法紹介!

このページでおススメする、絶対安心できる方法は、ウォーターサーバーです!

 

水道水をそのまま飲むの場合、リスクはゼロではありません。

 

あなたや家族の安全のために、ウォーターサーバーの利用をおススメします!

 

やっぱり安心できる水というと、ウォーターサーバーです。

 

ただボトル式の場合、留守がちのあなたには向いていません。
ウォーターサーバーのネックは、ボトルの受け渡しです。

 

ですから、紹介したいのはボトルの必要ないウォーターサーバーです。

ボトルのいらない使い放題ウォーターサーバー

 

ボトルがいらないウォーターサーバーなので、留守が多いうちにピッタリです!

 

そのウォーターサーバーの名前は、「クール・クー」
水道水をろ過して使うタイプのウォーターサーバーです。

 


水道水を使いますので、使い放題です!

 

オススメするクール・クーは、
ROろ過フィルターという、放射性物質まで除去してくれます。

 

もちろん、赤サビもトリハロメタンも取り除いてくれます!
水道水がどんなに汚染されていても、これをつければぜったい安心!

やっぱり、飲み水は安心して飲んでもらいたいですからね。

 

クール・クーについは、
こちらのページで詳しく≫

 

気になるクール・クーの価格は?

 

クール・クーの価格は、電気代も入れると月6000円ほどです。

 

あなたの大切な家族のために。

 

1日あたり200円で安全安心を買うと考えたら、どうですか?
決して高くない料金だと思います。

 

大切な家族のために、飲み水を安心して飲める環境を作ってください。

蛇口から赤茶色のサビの水が出る衝撃の原因がコレ!のまとめ

 

水道水のサビの原因は、鉄製の水道管でした。

 

塩素により、鉄サビが発生しやすい状況にあったんです!
そしてトリハロメタンや、貯水槽の汚染という赤サビ以外の怖さもありました。

 

そんなあなたの不安を解消してくれる、絶対安全なウォーターサーバーも紹介しました。

 

あなたとあなたの家族が、安全にお水を飲める事を願います。

 

オススメしたウォーターサーバーについては、別のページで詳しく紹介しています。

 
page top